TeamKazオンライン野球塾
オンライン野球塾 / オンラインだけではじめる!野球塾マネジメント講座

オンラインだけではじめる!野球塾マネジメント講座

TeamKazによる野球塾マネジメント講座開講!

kaz001.png

こんにちは。TeamKazオンライン野球塾チーフコーチのKazです。TeamKazの野球塾は2010年1月1日に始動し、おかげさまで2020年は10周年を迎えることができました。僕ははこれまで、当野球塾内で何名ものパーソナルコーチを育ててきました。ちなみに僕自身の野球歴は中学の硬式野球までです。高校に入学する春休みに肩関節胞に損傷を受ける、比較的に酷い野球肩になってしまい、ボールを投げられなくなってしまったためです。

高校卒業後は大学には行かず、野球とはまったく関係のない仕事をしていました。目立った野球キャリアもなく、大学で修士号や博士号などを取ることもしなかった僕が、なぜ野球のプロコーチとして10年間も第一線を走り続け、アマチュア選手だけではなく、プロ野球選手たちのサポートや分析も任せられているのか?!

今回その秘密を、これから野球コーチ業で食べていきたいと強く思っているあなただけに包み隠さずすべてお伝えいたします!

でも、先にこれだけは言わせてください。

豊富な野球経験は、コーチングスキルを身につけることにとって重要ではありません。むしろ野球経験があるというそのプライドが、新たなことを学ぶ邪魔になってしまうことが多々あります。断言しますが、オンライン野球塾というインストラクタービジネスは、一般的には野球経験が少ない、もしくはまったくない方が0から勉強される流れの方が、色々なことを素直に吸収することができて、ビジネスとして成功されるまでの時間は短くなります。

オンラインレッスンであれば、選手を育成するコーチングスキルと選手を見る目さえあれば、そもそもキャッチボールさえしませんので、野球経験はあるにこしたことはありませんが、必要かと問われれば、必要とは言い切れないわけです。

「自分の時はそんな風には教わらなかった」「昔はそうじゃなかった」と、すぐに経験則と比較してしまう方は、インストラクタービジネスには向いていませんので、このページを下までお読みいただく前に、ここでページを閉じていただくことがベストだと思います。僕がお伝えする令和の野球コーチングスキル、令和のオンラインビジネススキルを素直に聞いてくださる方にのみ読んでいただきたいと思っておりますので、ページ最後まで長丁場となりますが、お付き合いのほど何卒よろしくお願いいたします。

logo.png

野球塾ビジネスはまだまだブルーオーシャン

kaz003.png

野球を教えることなんてビジネスにならない。なんて思っていませんか?それは明らかに誤った考え方です。もちろん、野球経験者が自らの経験則だけで野球を教えるというだけでは、甲子園に出ていようが元プロ野球選手だろうがビジネスとしては上手くいきません。しかしビジネスモデルをしっかり作ることができれば、僕のように大した野球経験がなくてもプロコーチとして10年以上第一線に立ち続けることもできるんです。

マーケティング的に言えば、野球塾ビジネスはオンラインでもオフラインでもまだまだブルーオーシャン状態です。僕のようにビジネスモデルを上手く組み立てることができれば、熱意さえあれば誰にでも成功できるチャンスがあります!

僕の生徒さんにはこんなお父さんがたくさんいらっしゃいます

お子さんが野球をされていて、お子さんが少しでも野球が上手くなるようにと、今まで複数の野球塾に挑戦させたり、元プロ野球選手が販売する2〜3万円する野球教則DVDを買い漁り、今まで20万円も30万円も使ってきたというお父さんが、僕のところに相談してくださった方の中にはたくさんいらっしゃいます。

しかし他の野球塾ではありきたりなことしか教わることができず、中には精神論で野球を教える有料野球塾もあったそうです。そしてDVDを見ても結局すべての疑問が解決することはなく、「なるほどな」と思うことはあっても、目に見えて上達できたかと言えば、そんなことはなかったそうです。

そんな中僕のホームページを見つけてくださり、みなさん相談をしてきてくださいました。そして実際に僕のレッスンを受けていただくと、皆さん本当に驚かれます。元プロ野球選手が発売している高額DVDや高額情報商材を購入しても解決しなかったり、疑問として残っていたことが、僕のレッスンですべて解決できたからです。

例えばなぜ球速がアップしなかったのか?どうすれば球速がアップするのか?なぜ球速がアップするのか?というようなことを、僕は細かく丁寧に時間をかけてわかりやすくレッスンしていくわけですが、このようなレッスンは他では一切受けられなかったそうです。中には野球理論に関して突っ込んだ質問をすると、あからさまに嫌な顔をする野球塾のコーチ(元プロ野球選手)もいらっしゃったそうです。

このような体験をされているお父さんお母さんは少数派ではないようです。なぜなら、僕の生徒さんの親御さんの中だけでも、そのような方がたくさんいらっしゃるからです。でも最終的に僕のところにたどり着いてくださり、お子さんに何年も続けてレッスンを受けさせてくださる方が大勢いらっしゃいます。

僕の生徒さんには9年間通い続けている選手もいます!

2020年8月現在、当時まだ小学4年生だった生徒さんがお父さんと一緒に僕のレッスンを受け始めて、高校3年生になった今もレッスンを受け続けてくれている方もいらっしゃいます。この方が今のところ、TeamKaz野球塾では最長記録の9年目になるわけですが、TeamKaz野球塾自体が11年目ですので、僕のレッスン内容がどれだけ信頼されているかがわかっていただけると思います。

このように誠心誠意レッスンを行なっていくと、長期間利用してくれる生徒さんがどんどん増えていきます。すると新規入会が減っていっても、ほとんどリピーターさんだけで野球塾の運営は続けていけるようになります。まさに今現在の僕のように。

野球塾マネジメント講座では、あなたも僕のようにたくさんのファンを獲得できるように、僕ができうる限りのサポートをさせていただきます。僕が知っていることは、必要な分だけすべてお伝えさせていただきます。ですので野球コーチングスキル、野球塾運営メソッドに関することなら、何でも質問をしてください!

オンラインの野球インストラクター業に、野球経験は必須ではありません。必要なのはコーチングスキルです。150km/hのボールを投げられても、遠投120m投げられても、160m弾を打てても、コーチングスキルにはそれほどの影響はありません。僕自身野球肩を経験し、今もボールを強く投げることはできませんし、そもそも今はオンランレッスンしか受け付けていません。

ですので野球経験の有無は気にすることなく、生徒さんを上達させてあげて、生徒さんや親御さんを本気で笑顔にして差し上げたい方に、インストラクター業は向いていると言えます。逆に「俺は野球が得意だから、教えてあげるよ!」というスタンスの方は、インストラクター業では成功できません。僕は今まで、あっという間に野球塾を畳んできた元プロ野球選手をたくさん見てきましたので、よく知っています。

日本には何人くらいの野球選手がいるかご存知ですか?

日本の野球人口は2020年時点、小学生〜大学生の学生野球がだいたい43万人、月に1回以上野球をする草野球選手が400万人弱いるんです。しかしこの中でゴルフレッスンやダイエット教室、水泳教室やテニススクールにはお金を払って通うのに、野球塾に通っている方はほとんどいらっしゃいません。それはなぜなのか?!

答えは簡単です。野球塾側にまだまだ生徒さんを開拓する能力がないからです。ですので選手や親御さんからしても、なかなか「野球塾に通ってみよう」という発想にならないわけです。

プロ野球チームの野球アカデミーと、個別レッスン野球塾はまったくの別物!

もちろんプロ野球チームが運営する野球アカデミーは人気です。しかしプロ野球チームが運営する野球アカデミーには弱点があり、コーチが指導できる内容があらかじめマニュアル化されていて、それを逸脱する指導はできないんです。つまり個性に関係なく教われる内容が、良くも悪くも統一化されてしまっているため、個人の能力を伸ばすことに関してはちょっと難しいんです。もちろん適切な基本は学べると思いますが。

例えば「野球肘にならない投げ方を教わりたい」と思っても、プロ野球チームが運営する野球アカデミーでそれを理論的に教わることはできません。しかし僕らのようなパーソナルコーチであれば、目の前にいる選手の現状に合わせたカリキュラムでレッスンを進めていけるため、選手を短期間で上達させてあげることができます。

kaz002.png

野球系YouTuberは散見しますが、現時点で僕のようなプロ経験のない個人で、屋内練習場やバッティングセンターを所有せずに野球塾運営にチャレンジされている方はほとんどいらっしゃいません。ですので自信を持って言い切ることができます。野球塾は数だけ見れば飽和状態かもしれません。しかし野球塾ビジネスはまだまだレッドオーシャンではなく、ブルーオーシャンです。つまり今から始めてもまったく遅くない、ということです。

そして野球塾マネジメント講座では、オフライン野球塾だけではなく、オンライン野球塾の運営についても徹底的にアドバイスさせていただきます。外出自粛要請が出されることの多いまさに今が、オンラインビジネスを始める大チャンスです。今人々は様々なことをオンライン化させることにポジティブな印象を抱いています。オンラインで野球レッスンビジネスを始めるのであれば、このチャンスを逃すべきではありません!

もしあなたが本当に野球が大好きで、野球を教えることによって生活を豊かにしたいと願っているのであれば、この野球塾マネジメント講座があなたにとって最強の味方になれるはずです!僕は2010年1月1日にこのビジネスをたったひとりで始めて、2020年はコーチ業11年目に突入しています。そして今、10周年に至るまでに僕が経験したすべてを、あなたにお伝えさせていただきます!

そしてあなたが野球レッスン指導者として成功できるように、僕ができる限りのサポートをさせていただきますので、「やってみたいけどやり方がわからない」という方は、ぜひこの機会に僕と一緒にがんばってみませんか?必要なのは野球経験ではありません。コーチングスキルを学び、野球塾ビジネスを成功させたいという熱意だけです。それさえあれば、詳しくは後述しますが、野球経験なんて関係ありません!元プロ野球選手の野球塾ビジネスの多くは失敗に終わっていますが、しかし高校野球さえ経験できなかった僕の野球塾は余裕で10周年を迎えられているんですから。

ぜひ僕から、あなたの夢を実現させるために必要なスキルをすべて、ダブルスチールで盗み取ってください!

logo.png

オンラインコーチ業を始めるなら今が最大のチャンス!

kaz004.png

TeamKazの月商は毎月60〜120万円の間です(プロ野球選手からの報酬は除きます)。毎年3〜10月の期間はやはり野球シーズンということもあり、売り上げは伸びる傾向にあります。月商が100万円を超えるのは3〜5月、9〜10月あたりがTeamKaz野球塾の毎年の傾向です。

しかし今はスポーツ事業でも対面レッスンが非常にやりにくくなりました。ソーシャルディスタンスの確保が大切になってくるわけですが、スポーツ現場のソーシャルディスタンスは2mではありません。10mなんです。運動をして呼吸が深くなると、飛沫は10m以上飛ぶことが専門機関の研究によって判明しています。

そのためTeamKaz野球塾では残念ながら、2020年に直面しているこの危機の影響でマンツーマンレッスンの新規受付はお休みさせていただき、現在はオンラインレッスンオンデマンドレッスンのみで運営を続けています。そして2019年までは僕を含め5人いたコーチ陣も、今回の世界的な感染危機によって2人だけになってしまいました。しかしそれでも売り上げはほとんど落ちていません!なぜなら今はレッスンを提供する側だけではなく、レッスンを受ける側もオンライン志向が強くなっているからです。

ですのでもしあなたが大好きな野球を仕事にして、さらにオンラインだけで収入をあげられるようになりたいと思っているのであれば、今がその時です!今は感染拡大により世界的に危機的状況になっています。しかしあなたが野球好きであるならば、こんな言葉を聞いたことがあるはずです。「ピンチの後にチャンスあり!」ー。そうです、オンラインビジネスを始めるには今が最大のチャンスなんです!林先生もきっとこう言うでしょう。「いつやるの?今でしょ!」と。

あなたも大好きな野球を仕事にして、家から一歩も出なくても月に60万円以上の売り上げをあげてみたいと思いませんか?仮にあなたが野球経験者じゃなくて、ただの野球を愛してやまないだけの人であってもそれは十分に可能です。もちろん選手経験は大きなプラスアルファにはなりますが、コーチ業には必ずしも野球経験は必要ないんです。野球をプレーすることと、野球選手をコーチすることはまったくの別物です。必要なスキルがまったく違うんです。

例えば僕は野球経験者であるわけですが、アマチュア選手に対しては対面レッスンでもグラブを使うことは滅多にありません。ほとんどがネットスロー、ネットバッティングによるレッスンのため、コーチとして僕自身が投げたり打ったりすることはまったくと言っていいほどありません。広い場所を使える時にたまにバッティングピッチャーをしたり、ノックを打つ程度です。ですのであなたが野球経験者じゃなくても、コーチングスキルさえ身につければ僕のようなプロコーチになれるんです。

logo.png

まずはLINEで気軽に話しかけてください!

kaz001.png

まずはLINEで僕に気軽に話しかけてください。SkypeやZoomの利用も考えたのですが、LINEの方がみなさん普段使いしていると思いますので、LINEからお気軽に話しかけていただき、野球塾マネジメント講座についてどんなことでもご質問ください。なおLINEを利用し、TeamKazの方からしつこい営業メッセージをお送りすることは一切ございませんので、ご安心ください。

logo.png

僕の経験をあなたにすべてお伝えさせていただきます!

例えばあなたに十分な野球経験がなくても、あなたが女性だったとしても、野球の先生としてオンラインだけで月商60万円以上を目指すことができます。もちろん遊び半分では他のお仕事同様に稼ぐことなどできないわけですが、しかしあなたに野球愛と、好きなことを仕事にして稼ぎたいという熱意があれば、月商60万円どころか、月商100万円を越すことだって十分に可能です。現に中学までしか本格的な野球経験がない僕でも、10年以上野球一本でやっているわけです。こんな僕にできて、あなたにできないはずがありません!

しかし僕もこれまで野球塾業を営み、たくさんの失敗もしてきました。今回は僕が成功するために必要だった事象だけではなく、今まで僕が失敗してきたこともすべてお伝えいたします。あなたが僕と同じ失敗をしないで済むように。

logo.png

僕が愛用している商売道具をご紹介!

kaz003.png

僕が提供する野球塾マネジメント講座では、オンライン野球塾のマネジメントだけではなく、マンツーマンレッスンのマネジメント方法に関しても、僕の経験をすべてお伝えしていきます。

ちなみに、野球塾を仕事にするのに屋内練習場が必要だと思っていませんか?もちろんあるに越したことはないと思いますが、僕は必要ないと思っています。現に僕自身、高額な設備費や賃貸料が必要になる屋内練習場は持っていません。

ここで、僕が野球塾のマネジメントに利用している道具についてご紹介しておきたいと思います。

オンラインレッスンで使っている道具

  • Mac Book Air(カメラとマイクが付いていればどんなパソコンでもOK)
  • iPhone7plus(スマホならなんでも大丈夫だと思いますが、iPhoneがオススメ)
  • iPad Air(あると便利ですが、なくても特に困りません)

対面レッスンで使っている道具

  • 硬式用キャッチャーミット($300弱でアメリカで購入)
  • ボール各種(硬式球1個500円、軟式球2個800円くらい)
  • ノックバット(僕が使っているのは木製で6,000円くらい)
  • ティーバッティング用のスタンド(2,000円〜5,000円)
  • スピードガン(30,000円前後)
  • バッティングネット(6,000円〜10,000円)
  • 夜間練習用のポータブル照明(6,000円〜12,000円)

たったこれだけです。対面レッスンではちょっと道具も増えてきますが、オンラインレッスンであればパソコンとスマホがあれば十分です。ちなみにスマホはiPhoneがオススメと書いたわけですが、選手の動作を分析するための Hudl Technique というスマホやタブレット用のアプリがあるのですが、Android用よりもiPhone用の方が機能が多いため、iPhoneもしくはiPadの方が良いかなと思っています。とはいえ、Android版が使い物にならないというわけではありませんので、わざわざiPhoneに買い替える必要もないかなとは思います。

対面レッスンも行いたい場合はそれなりに道具が必要ですが、まずはオンラインだけで勝負したいという場合はスマホとパソコンだけで十分だと思います。道具をたくさん用意しなくても、本気を出せば今すぐ始められるというのもオンライン野球塾のメリットです!

logo.png

20本の講義ビデオで学んでいただけること

さて、ここからは野球塾マネジメント講座で、20本の講義ビデオで実際に何を学び身につけていただけるのかということを、ズラリ並べてご紹介していきたいと思います。

学べること=コーチングスキル+売上を伸ばせる野球塾マネジメント

(1)野球塾ビジネスを成功させるために必要な心得
当たり前ですが、野球が好きなだけではビジネスとして成功させることはできません。あなたのビジネスを成功させるためには、目標となる成功の形から逆算して、成功までのマイルストーンを丁寧に敷き詰めていくことが大切です。いきなり大成功を目指すのではなく、まずは小さな成功を手に入れ、そして中くらいの成功を収め、その後に大きな成功を目指していきましょう。1本目の講義ビデオでは、野球塾ビジネスを成功させるために必要な心構えであったり、必要な取り組み方についてお話しさせていただいております。
(2)野球レッスンのプロに必要な勉強方法
どこの本屋さんでも売られているような一般的な野球教則本の大半は、プロコーチにとっては必要のないものです。プロコーチは野球教則本では勉強しません。プロコーチに必要なテキストとなる存在がありますので、2本目のビデオではそれらをご紹介させていただいたり、実際にどのようなことを、どのような優先順位で学ぶのがいいのか、ということをお話しさせていただいております。ただし実際にそのようなテキストを購入しなくても、それらのテキストで学べることを僕があなたにお伝えいたします。
(3)とにかく選手に怪我をさせないことが最重要
例えば選手同士でぶつかってしまったり、デッドボールで怪我をしてしまうというのは仕方がない面もあります。しかし野球肘や野球肩、打者の手首痛や腰痛はフォーム改善によって防ぐことができるんです。3本目のビデオでは、選手に余計な怪我をさせないために必要なコーチの取り組み方についてお話をさせていただいております。
(4)野球肘の防ぎ方と改善方法
野球肘の99.9%は良くない投げ方が原因になっています。4本目のビデオではどのような投げ方になっていると野球肘になってしまい、どのように改善をしていけば野球肘を防ぐことができるのか、ということについて詳しくお話させていただいております。
(5)野球肩の防ぎ方と改善方法
野球肘に続いては野球肩です。僕自身野球肩で高校の入学式の前日に野球ができなくなってしまったという経験があり、野球肩になる辛さはよく理解しているつもりです。だからこそ選手生命が絶たれた後は野球動作の研究を長年続け、解剖学的に野球肩・野球肘になりにくい投げ方を指導できるようになりました。ちなみに千葉ロッテマリーンズや読売ジャイアンツの選手がよく通っているスポーツ整形外科が千葉の船橋市にあるのですのでが、そこの先生方も、野球肩・野球肘を防ぐための僕の動作指導は理に適っていて、解剖学的にも医学的にも正しい、と仰ってくださいました。4本目と5本目のビデオでは、選手たちの野球肩・野球肘を防ぐためのコーチングテクニックを詳しくお話させていただいております。ちなみに野球をするお子さんに対し、親御さんが最も強く願っているのは怪我をしないことです。
(6)制球力をアップさせるためのコーチングスキル
制球力は何よりも重要です。仮に球速が速かったとしても、制球力がなければアウトカウントを増やすことはできません。僕は以前『中学野球太郎』という人気野球雑誌で、「2時間でコントロールが良くなる方法」を6ページにわたり特集していただいたことがあります。しかし今回のビデオではその時の内容だけではなく、そこからさらにグレードアップさせたコーチングスキルをお伝えさせていただきます。ハッキリ言いますが、このコーチングスキルがあれば、野球部に入ったことがない方でもコーチとして選手を上達させることができます。
(7)球速をアップさせるためのコーチングスキル
世の中には球速はアップするんだけど、怪我もしやすくなるという投げ方がいくつもあります。しかし怪我をしてしまっては意味がありません。僕は肩肘を痛めるリスクを最小限に抑えた状態で球速をアップさせられるコーチングスキルを持っています。例えば150kmのボールを投げられたとしても、2〜3年に一度肩肘を怪我していてはまったく意味がありません。7本目のビデオでは、肩肘を傷めずに球速をアップさせるための手法について詳しくお話しさせていただいております。
(8)打者の手首痛と腰痛を防ぐために必要なコーチングスキル
今中高生間で、野球肩・野球肘に次いで増えているのが腰椎分離症という腰痛です。軽傷ならまだしも、酷くなってしまうと野球を辞めた後の日常生活にも支障をきたしてしまいます。この腰椎分離症についても、手首痛についても、誘発させてしまう動作が存在し、そして怪我を回避するために効果的な動作があるんです。8本目のビデオではそれらについて詳しくお話しさせていただいております。
(9)劇的にミート力をアップさせるためのコーチングスキル
ミート力が上がらないことにももちろん原因があります。9本目のビデオでは、ミート力が上がらないバッティングフォームの特徴や、ミート力を上げるためのコーチングスキルについて詳しくお話しをさせていただいております。このビデオの内容を選手に叩き込むことができれば、アマチュア野球であればほとんど空振りしなくなるはずです。
(10)道具に頼らずに飛距離をアップさせるためのコーチングスキル
軟式野球であればビヨンドなど複合バットの力を借りて飛距離をアップさせることも可能です。しかし複合バットはミート力を大幅に低下させてしまいます。今回のビデオでは、道具に頼らず、ミート力も下げることなく、打率アップと同時に飛距離もアップさせるためのコーチングスキルについて詳しくお話しさせていただいております。ご存知ですか?打率と飛距離は同時にアップさせることができるんです!
(11)オンラインで収益を上げるための仕組み作り パート1
結論から言うと、立派なホームページを作って広告費をたくさん使うだけでは売り上げは上がりません。これに関しては僕も昔失敗しているのでよく知っています。しかし売り上げを増やすための仕組みをセットアップしてからは、ほとんど広告費を使わなくても安定的な売り上げを上げられるようになりました。
(12)オンラインで収益を上げるための仕組み作り パート2
12本目のビデオでも売り上げを上げるための仕組み作りについて解説をしています。ビジネスを成功させるためには非常に重要なポイントですので時間を割いて解説をしています。このやり方さえ理解してしまえば、野球ビジネスだけではなく、他のどのような種類のオンラインビジネスにも転用・応用することができます。
(13)お客様は集めるのではなく、育てる!
少しだけ上述しましたが、ホームページを作って広告を打ってホームページへの訪問者をいくら増やしたところで、それだけではコンバージョン(成約)には繋がりません。例えば100万円の広告費を使ったとしても、広告費に見合った売り上げは上げられないはずです。「広告を打てば売れる」時代はとっくに終わっています。今はお客様は集めるのではなく、自ら育てる時代に突入しています。13本目のビデオでは、通りすがりのホームページ訪問者を、お金を払ってくださるお客様に育てていく手法について詳しくお話しさせていただいております。
(14)有料広告を使う際の注意点と効果的な利用方法
資金的に余裕がある方は、上述の仕組みを作った後は有料広告を使うのも効果的だと思います。ただ有料広告も効果的な打ち方と、ほとんど効果が上がらない打ち方があります。14本目のビデオでは、僕が有料広告を使って学んだ効果的な広告の打ち方や、逆に効果の上がらなかった使い方について詳しくお話しさせていただいております。
(15)ホームページを作るなら常にSEOを意識して作る
SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、エス・イー・オーやセオと読みます。僕は個人的にはセオと読んでいますが、どちらの読み方でも通じると思います。ホームページを作ってたくさんの方にページに訪問してもらうためには、SEO対策が不可欠です。15本目のビデオでは、あまり専門的になりすぎないように、どなたでも効果的なSEO対策ができるようになる手法についてお話しさせていただいております。
(16)オンラインビジネス用ホームページを作る際に便利なツール
16本目のビデオでは、オンラインビジネス用のホームページを作る際に便利だったり、必須とも言える各種有料・無料ツールをご紹介いたしております。このようなツールを使うことによって、ホームページ作りやお金のやりとりがすごく楽になりますので、少人数、もしくはあなたひとりだけでオンラインビジネスを行う際は、できる限り手間を減らせるように、これらのツールをぜひ有効活用してみてください。
(17)説得力が増し、よく読んでもらえるホームページの構成
まったく同じことが書かれているWebページでも、構成が変わるだけでまったく読んでもらえなくなったり、逆にページ滞在時間数が伸びたりします。17本目のビデオではサイト訪問者のページ滞在時間数をできるだけ伸ばし、直帰率(訪問者がすぐにページを閉じてしまったパーセンテージ)を下げ、あなたのウェブサイトをしっかり読んでもらえるようにするためのページ構成のコツについてお話をさせていただいております。
(18)売り上げを増やし続けるためにはマーケティングが不可欠
マーケティングと書くとちょっと難しそうですが、そこはあまり専門的になりすぎず、マーケティングの専門家じゃなくてもしっかりとしたマーケティングができるように解説をいたしております。ビジネスはオンラインでもオフラインでもマーケティングなしでは成り立ちません。それは大企業だけではなく、僕らが携わっているようなスモールビジネスでも同様です。いえ、知名度のないスモールビジネスでこそマーケティングが重要だと言えます。18本目のビデオでは、野球塾にとって必要なマーケティング手法について解説をさせていただいております。
(19)素晴らしいコンテンツがちゃんと売れてくれるようにする
どんなに素晴らしいレッスンメニューを作ったとしても、そのコンテンツが売れなければビジネスとしては成り立ちません。19本目のビデオでは、ホームページ上で何をどのように伝えればコンテンツを購入してもらいやすいのか、ということについてお話しをさせていただいております。レッスンメニューがしっかりとしたものであるならば、売り方さえ間違わなければちゃんと売り上げは上がるんです。しかし売り方を間違えてしまうと、広告費を注ぎ込んだところで売り上げは上がりません。19本目の内容も実際に売り上げを上げるためには非常に重要な要素となっております。
(20)プロ野球選手を顧客にする方法と、その際の注意点
プロ野球選手を顧客に持つことができれば、ビジネスの幅も、あなたのコーチングスキルもグンとアップさせることができます。20本目のビデオでは、どのようにすればプロ野球選手たちにあなたのレッスンに興味を持ってもらえるのかという点と、プロ野球選手を顧客に持てた時の注意点についてお話しさせていただいております。

logo.png

想像以上にボリューム満点の野球塾マネジメント講座

上の箇条書きを見ていただいただけで、野球塾マネジメント講座の内容がどれだけのボリュームなのかをおわかりいただけたと思います。

野球塾マネジメント講座では、これらの内容を20本の講義ビデオにてお伝えしていきます。そして講義ビデオにはすべてPDFテキストをご用意しておりますので、ビデオ内でわかりにくかったことを、テキストで再確認できるようになっています。

logo.png

野球塾マネジメント講座パック(料金内)に含まれているもの

講義は60分×20本のビデオで!
合計20時間分のビデオで講義を受けていただける、圧倒的な内容量!しかもビデオなので一度だけではなく、わかりにくかったことや忘れてしまったことは、あとでも何度でも見直すことができます!しかも、スタート時点では20本というビデオですが、その後追加されたりアップデートされたりした場合は、いつでも最新のビデオをダウンロードしていただくことができます。また、質問があれば6ヵ月間は追加料金なしでいつでもメールやLINEでご質問いただけます。
講義内容に付随したPDFテキスト
ビデオだけでは伝え切れない内容もあります。そのような内容を漏らさずあなたにお伝えするために、講義ビデオ1本ごとにPDFファイルによるテキストをお送りいたします。まず最初に講義ビデオを観ていただき、そのあとでじっくりテキストを読んでいただくのがオススメです。テキストはPDFですので、プリンターやコンビニのコピー機を使って印刷するもよし、スマホやパソコンで読むもよし、お好きな方法で読んでいただくことができます。
メール&LINEでのご相談は6ヵ月間回数制限なし!
あなたにどうしても野球ビジネスで成功していただきたいので、6ヵ月という長期にわたり追加料金なしでサポートさせていただきます。例えば「こんなホームページを作ったんですがどう思いますか?」とご相談いただければ、そのホームページのデザインやソースをチェックして、できる限りのアドバイスをお送りさせていただきます。実際のレッスンに関しても「こういう事例があるのですが、どうコーチングしたら良いのでしょうか?」とご質問いただければ、できる限りのアドバイスをお送りさせていただきます!あなたひとりではありません。いつでも僕にご相談いただけますので、安心してがんばることができます!
テストに合格をすれTeamKaz公認コーチになれる!
レッスンビデオをすべてお送りし終えた後、ご希望いただければテストを受けていただくことができます。まずメールやPDFという形でテスト用紙をお送りさせていただき、そこに答えを加筆し返信いただく形のテストで、テスト後にはLINEのテレビ電話を使ってオンラインで面談をさせていただき、合否をお伝えさせていただきます。合格するとTeamKaz公認コーチとして、TeamKaz野球塾のホームページでご紹介させていただきます。
公認コーチになるメリットとは?!
僕がホームページ上で書いている野球の教科書シリーズと、旧コラムページは、小学生から草野球選手、親御さん、野球指導者、プロ野球選手と多くの方に読んでいただき、コーチングスキルには絶大な信頼をいただいております。実際野球雑誌の誌面やオンライン上でコラムの連載も多数行って参りました。TeamKaz公認コーチになるということは、その信頼をあなたにお貸しするようなものです。
TeamKazのHP上にあなたのレッスンページが掲載される!
公認コーチになり、あなた独自のレッスン内容を組み立てていただきますと、その内容とお申し込みページをTeamKazのホームページ上に掲載させていただきます。つまりあなた自身でプロ並みのホームページをデザインできなくても、TeamKazのホームページをあなたのビジネスサイトとしてご利用いただける形になります。その際そのページからお申し込みがあった場合、手数料を10%だけ引いた残りの金額をあなたにお支払いいたします。
実地研修も受けられる!
実地研修を受けたい場合、東京都江戸川区までお越しいただければ対面レッスンに帯同していただき、対面レッスンの研修を追加料金なしで受けていただくこともできます。ただし選手からの対面レッスンの予約が入っている日時に限ります。2020年7月現在、だいたい30名くらいの選手が対面レッスンを受講中です(緊急事態宣言後、対面レッスンの新規ご入会受付はお休み中)

logo.png

野球塾マネジメント講座受講料金

講義はすべてオンラインで行われますので、日本中どころか、日本語さえわかれば世界中どこからでも受講していただけます(今回はテキストとビデオ内容の都合上、日本語のみの対応となります)

受講料金は、お支払い回数が少ないほど割引率を大きくさせていただきます。

お支払いは1〜40回まででお選びいただけます。
コース 1回払い 5回払い 10回払い 20回払い 40回払い
合計
金額
¥361,850
(税込)
¥37,7900
(税込)
¥393,950
(税込)
¥410,000
(税込)
¥460,000
(税込)
前払金 ¥89,000(前払金の分割お支払いは不可となります)
残金 翌月1回払い
¥272,850
翌月から月々
¥57,780
翌月から月々
¥30,495
翌月から月々
¥16,050
翌月から月々
¥9,275
銀行振込 前払金と1回払いのみ銀行振込対応が可能です。
クレジット
カード
VISA、Mastercard、American Expressで、
前払金のお支払いと分割お支払いをしていただけます。

【備考】
  • 前払金のお支払いから8日間はクリーングオフが可能となっております。
  • クーリングオフ期間以降は、教材納品後のキャンセルとご返金には対応いたしておりません。
  • 分割お支払いは、前払金をお支払いいただいた翌月27日より開始させていただきます。
  • お支払いいただく料金は講義ビデオとテキストに対し頂戴する形となります。

logo.png

お申し込み以降の流れ

(1)まずはお気軽にお問い合わせください
こちらのフォームよりご入力いただければ、LINEでご返信させていただきます。より詳しくお話しされたい場合にテレビ電話もできるように、LINEを利用いたしております。あなたに安心してお申込みいただけるように、テキスト返信でも、テレビ電話返信でも、ご不明点のすべてにお答えさせていただきます。
(2)ご不安が解消されましたら、正式にお申し込みください
お申し込みの際は本ページ最下部のフォームよりご入力ください。今後の流れやお支払いに関するご案内をお送りさせていただきます。前払金をお支払いいただきますと、あなた専用のログインページを作成し、その日から僕がサポートをスタートさせていただきます。
(3)ビデオをお送りさせていただくまではセッションサポート
講義ビデオとテキストをお送りさせていただくまでの間は、LINEやテレビ電話、メールによるセッションにてサポートさせていただきます。ビジネスを行うのにあなたがどれくらいの時間を使えるのか?副業から始めるのか?本業として始めるのか?などなど色々質問をさせていただき、あなたのスタイルやペースに合ったこれからの流れを一緒に考えさえていただきます。
(4)お支払いから8日間はクーリングオフ期間
クーリングオフ期間内は1本分の講義ビデオとテキストをお送りさせていただきます。動画とテキストはコピーして保存可能なメディアとなり、物販のような返品ができない商品となりますので、この点どうぞご了承くださいませ。その分この期間を有効活用し、今後のビジネスの流れを一緒に考えていく期間にしていきたいと思っております。そしてこの期間に「やはり自分には合わないな」と思われましたら、前払金お支払いから8日以内にお申し出ください。クーリングオフ期間を過ぎますとご返金は不可となりますので、ご注意ください。
(5)順次講義ビデオをお送りさせていただきます
クーリングオフ期間が終了し、「Kaz先生と一緒にビジネスをがんばりたい!」と思ってくださったら、全講義ビデオを次々とお送りさせていただきます。この動画とテキストでまずは勉強していただき、わからないことやご質問があればいつでもLINEでご質問ください。先生、そしてパートナーとして僕がサポートさせていただきます。
(6)6ヵ月は追加料金なしで全面サポート!
6ヵ月間はコーチング手法やサイト作り、マーケティングなどなど、野球塾ビジネスに関することであればどんなことでもご相談いただけます。あなたにも野球塾ビジネスで成功してもらいたいので、全力でサポートさせていただきます!ただ、グラウンドでのレッスンに出ている時間帯はお返事がすぐにできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
(7)7ヵ月目以降のサポートは有償となります
6ヵ月間のサポート期間が終わった後、もう少しサポートを受けたいという場合は、14日間¥8,900という野球価格でサポートを継続させていただきます。このサポートは6ヵ月経過後、いつでも再開していただけます。ただし、6ヵ月の間にご相談いただい内容で、簡単な返信で済む内容であれば無償で対応させていただきます。
(8)TeamKaz公認コーチとして一緒にがんばりましょう!
僕の本音としては、あなたにもTeamKaz公認コーチとして一緒に成功して欲しいと思っています。ですので公認コーチ認定後、TeamKazオンライン野球塾上のあなた専用のお申込みフォームから、前月の売上が3万円以上あった場合、翌月は無償でサポートをさせていただきます。あなたががんばるなら、僕もあなたと一緒にがんばらせてもらいます!

logo.png

講座受講料金はお安くするわけにはいきません!

kaz002.png

「この受講料金は高すぎる!」と思った方は受講すべきではありません。「これだけの内容なら、この価格でも納得!」と思ってくださった方にのみ、受講するかどうかをご検討いただきたいと思っております。上記の通り受講料金は40万円ほどと高額です。簡単に受講を決めていただけるような金額ではありません。

でもよく考えてみてください。例えばこの講座を受講して、週末起業の副業として月に5万円の売り上げを出せるようになったとしたらどうですか?5万円を8ヵ月続ければ元は取れます。では週末+平日にも少し頑張って、月10万円という学生アルバイトのお給料程度を売り上げられるようになったらどうでしょうか?すると4ヵ月で元を取れて、5ヵ月目からあっという間に黒字にすることができます。そしてもっと頑張れば、もっと早く売り上げを増やすこともできます!

オンライン起業で必要なのは基本的にはあなたの指導スキルだけです。何かの在庫を抱える必要は一切ありません。つまり売り上げた分のすべてがあなたの収入になるんです!あ、もちろん税金とかは払わなければいけませんが。

そして週末起業にとどまらず、本業としてガッツリ稼げるようになったらどうでしょうか?あなたの頑張り次第では、半年以内に月30〜40万円を売り上げることだってまったく不可能ではありません。また、売り上げを増やせる仕組みさえ作ってしまえば、例えば売り上げの10%程度を広告費として回していけば収益率の増加をさらにスピードアップさせることもできます。

もう一度「野球塾マネジメント講座」のパッケージの中身をご覧になってみてください。コーチングスキルも学べて、野球塾をオンライン・オフラインで運営するためのコンサルティングも半年間受けられてこの価格なのです。

しかし勘違いされないでください。これは楽して儲けるといった類のビジネスではありません。野球の先生として頑張って勉強して、受講生たちを上達させてあげたり、フォーム改善により肩肘の痛みを取り除いてあげたりすることで、選手たちや親御さんたちを笑顔にして差し上げて、お金をいただくビジネスなのです。もし「楽して誰でも野球のオンラインビジネスができる」と誤解されているようでしたら、ぜひ考えを改めてください。

全国には元プロ野球選手が運営するオンライン・オフラインの野球塾が数え切れないほど存在しています。しかしその中でビジネスとして成り立っている野球塾は、TeamKazを含めてそう多くはありません。それどころから、元プロ野球選手が野球塾を立ち上げてはあっという間に消え、消えてはまた最近引退された別の元プロ野球選手が始めるということが繰り返されています。

しかし僕は元プロ野球選手ではないどころか、怪我で高校野球さえ経験していませんし、大学にも入っていません。最近は大学のスポーツ関係の研究室を対象に講義をすることはありますが、スポーツ関係の資格などは一切持っていません。それでも選手を短期間で確実に上達させられるコーチングスキルを持っているので、どの元プロ野球選手の野球塾よりも長く太く続けることができています。

kaz004.png

シーズンオフにはプロ野球選手の自主トレをサポートすることもありますし、シーズン中は彼らの動作分析をして好不調の波をなくすためのサポートもしています。大した野球経験がなくても、僕自身肩が痛くてまともにボールが投げられなくても、そういう仕事を得ることもできるんです。

そして女性の方にも野球指導者を目指してもらいたいと僕は本気で思っています。アリッサ・ナッケンという女性をご存知ですか?彼女は2020年、メジャーリーグ初の女性コーチに就任しました。サンフランシスコ・ジャイアンツのコンディショニング部門のコーチとして、選手と同じユニフォームを着てグラウンドで選手たちをサポートしています。

アリッサの場合はコンディショニング部門のため、投げる・打つの指導をするわけではありませんが、しかし野球先進国のアメリカではすでに球界に女性が受け入れられ始めているんです。そして日本でも女子野球界では次々と女性監督・女性コーチが誕生しています。ですので「野球指導は男の職業」だなんて古ぼけた考えは今すぐ捨ててください。

これからの時代は女性コーチが男女を指導するシーンも増えてきます。現に僕の女性の友だちのお子さんが入っている少年野球チームでも、僕の教えを受けたその友だちがママさんコーチとして子どもたちの指導に当たっています。最初はノックさえまともに打てない野球未経験者でしたが、僕がサポートしたことによりノックバットを自在に操れるようになり、華奢な体で男性顔負けの打球や難しいキャッチャーフライまで打てるようになりました。

これからは「女になんて野球を教わりたくない」と考えるような前時代的な男性はどんどん淘汰されていきます。逆に、どうせ教わるんだったら女性コーチから優しく教わりたいと思う男子・女子選手が増えていくはずです。ちなみに今僕ともうひとりいるアシスタントコーチは野球未経験の女性です。

ですので男性はもちろん、女性も安心して野球塾マネジメント講座を受講していただきたいと思っています。どんな方でも熱意さえされば、できる限りのサポートさせていただきますので、僕と一緒にがんばりましょう!!

kaz001.png

野球塾マネジメント講座お申し込みフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)2010-2020
TeamKazオンライン野球塾​