TeamKazオンライン野球塾
HOME / ミート力をグングン向上させるTeamKazオンライン野球塾のレッスン法

ミート力をグングン向上させるTeamKazオンライン野球塾のレッスン法

ミート力をグングン向上させるTeamKazオンライン野球塾のレッスン

ミート力をアップさせるために必要なことはいくつかあります。例えば以下のような動作が身に付いてくると、ミート力が向上して打率がどんどん上がっていきます。

  1. 上半身に頼らず、下半身主導でバットを振る
  2. テイクバック以降は頭を移動させずにバットを振る
  3. ヘッドが下がらないようにしてバットを振る
  4. ボールをしっかり見極められる選球眼を養う

などなど、すべて細かく挙げたらキリがないわけですが、一般的にはだいたいこのようなことが意識されていると思います。

でも少年野球や野球部では、これらを誰でもできるようになる具体的な指導を受けることはできません。

例えば「頭を移動させずに打て!」と指導者はよく口にすると思いますが、選手たちはどうすれば頭が移動しなくなるのかがわかりません。

つまり「頭を移動させずに打て!」と言うのは技術指導でも何でもなく、指導者のただの「希望事項」でしかないわけです。

しかしTeamKazオンライン野球塾のレッスンでは小学生〜大人まで、すべての動作を具体的に、理論的に、分かりやすく教わることができます。

それではまずは上記4つを順番にご説明していきますね。

1. 上半身に頼らず、下半身主導でバットを振る

TeamKazオンライン野球塾

下半身主導でバットを振らなければならない、ということは誰しもが理解されていることだと思います。

でも実際にどう動けば下半身主導のスウィングになるのか、ということを説明できる監督、コーチ、お父さんお母さんはいらっしゃいますか?

たぶんほとんどいらっしゃらないと思います。

下半身主導でバットを振るためには、まずは土台作りが必要です。右打者の場合は右足部、左打者なら左足部がバッティングフォーム全体の土台になります(軸足)。

スパイクを履いたこの部分をどうのように動かし、どのように使って行くのかということが、下半身主導でバットを振るためには非常に重要になってきます。

筋トレでは下半身主導のスウィングは身に付かない!

平たく言うと、筋トレで脚を太くしても下半身主導のスウィングにはならない、ということです。

逆に筋骨隆々じゃなくても、細身でも、小柄でも、土台を安定させて正しい使い方ができるようになれば下半身主導のスウィングになっていき、ミート力だけではなく長打力も同時に向上していきます。

そのためTeamKazオンライン野球塾のレッスンではまず、この土台作りを具体的で分かりやすいレッスン内容によって、丁寧に行っていきます。

そもそもミート力とは?!

TeamKazオンライン野球塾

さらに話を進める前に、ここで一度ミート力とは何なのか?ということを改めて考えておきましょう。

ミート力とは、ボールがストライクゾーンのどこにいつ飛んでくるのかを正確に見極めて、自分のミートポイントにボールが入ってくるタイミングに合わせて、バットを出したいところに正確に出していける能力のことです。

ただ単にボールをバットのスウィートスポットに当てただけではヒットを量産することはできません。しっかりとタイミングを合わせた上でスウィートスポットに当てる必要があります。

逆にタイミングが合っていたとしても、スウィートスポットにボールを当てられなければヒットにはなりません。

そして出したいところにタイミングよくバットを出せたとしても、選球眼が悪くて飛んでくるポイントを見誤ってしまえば、これもヒットにはなりません。

ミート力とは

「選球眼の良さ」+「タイミングを合わせられる能力」+「バットを出したいところに出せる能力」=ミート力、ということになります。

そしてそのミート力の向上を具体的な内容によってレッスンできるのがTeamKazオンライン野球塾です。

2. テイクバック以降は頭を移動させずにバットを振る

TeamKazオンライン野球塾

バットスウィングのいくつかのフェイズの中でも、頭が動いても大丈夫なフェイズがあります。それはテイクバックする時です。

テイクバックをする時に限っては、キャッチャー側に頭が少し移動する動きはまったく問題ありません。

むしろミートポイントを自分の体に近づけるという意味では、頭はできるだけキャッチャー側に置いておく方が有利になります。

問題は、テイクバックをした後にピッチャー側に頭が移動してしまう動作です。これをやってしまうと、まさにバットを振っている最中に頭が移動してしまい、目線がブレることによってミート力が大幅に低下してしまいます。

でも「振る時に頭を動かすな!」と言うだけでは、頭の移動をなくすことはできません。

体重移動をして打つと100%頭はピッチャー側に移動する!

日本では99.9%の野球指導者が体重移動をする打ち方を子どもたちに教え込んでしまっていると思います。

しかし体重移動をしてしまうと、頭の位置は100%移動してしまいます。

つまり体重移動をする打ち方を教えながら「頭を移動させるな」と言うのは、完全に矛盾した間違った指導になるわけです。

バッティングには体重移動をする打ち方と、しない打ち方があるのをご存知ですか?

体重移動をしない打ち方をマスターすることができると、頭の位置は自動的にまったく動かない状態になるんです!

TeamKazオンライン野球塾では2010年1月の開講以来、この体重移動をしない打ち方を選手たちに教え続けてきました。

その結果多くの生徒さんたちがミート力を大幅に向上させることに成功し、.400を超す大会打率、シーズン打率を残せています!

ちなみに体重移動をしない打ち方をマスターするためには、軸足足部の土台作りが必須になります。

3. ヘッドが下がらないようにしてバットを振る

TeamKazオンライン野球塾

スウィング時にバットのヘッドを下げてはいけない、ということは野球経験者なら誰しもご存知だと思います。

では、どういう状態がヘッドが下がっている状態なのかを正しく説明することはできますか?

答えは簡単です。バットと軸の関係が直角になっている形が、ヘッドが下がっていない良い形です。

そしてこの時、体のどの部分を軸として使うのかを間違ってしまうと、フォームがめちゃくちゃになってしまいます。軸脚は軸としては機能しませんので、ここはご注意ください。

ちなみにヘッドは下がっていても、上がっていても力強い打球を打つことはできません。

一部の少年野球・野球部では未だにヘッドを直角よりも上げて打たせる指導が行われていますが、これは完全に間違った指導です。

ヘッドはどうやって正しい高さに持って行くのか?!

その答えはすべて股関節にかかっています。股関節を正しい動作で深く使っていくことができれば、ヘッドも自然と正しい高さになっていきます。

股関節というのは、上半身と下半身のつなぎ目です。そのため股関節を正しく使えていないスウィングでは、下半身で作り出したエネルギーを上半身に伝えることはできません。

すると腕力と遠心力に頼ってバットを振るしかなくなるわけですが、腕力と遠心力に頼ってバットを振るほどヘッドは下がり、アウトサイドインのミート力が向上しないスウィングになってしまいます。

そうならないためにTeamKazオンライン野球塾のレッスンにより、下半身主導で、遠心力ではなく求心力を使って、インサイドアウトで振っていけるようにしていく必要があります。するとミート力も打率もどんどん向上していきます。

土台作りができておらず、下半身主導のスウィングになっていない選手の場合、ヘッドが30°程度下がっているケースも珍しくありません。

ヘッドが30°も下がってしまえば、タイミングがバッチリだったとしても、ビヨンドなどの高額な複合バットを使っていたとしても、ヒットの量産を期待することはまずできません。

手打ちとは?

ちなみに手打ちとはスポーツの専門用語で「骨盤回旋不良スウィング」と言います。

股関節というのは骨盤の下部と太腿の骨がつながる関節のことなのですが、この股関節を正しい動作で深く使って行くことができないと、手打ちにしかなりません。

つまり股関節の動作指導なくして、手打ちの改善は不可能、ということです。

股関節はどんなスポーツでも一番重要な関節です。TeamKazオンライン野球塾のレッスンは、股関節の動作改善によってフォーム全体を改善していく、という流れで行っていきます。

そして股関節を正しい動作で使えるようになってくると、低めのボールにもヘッドは下がらなくなり、高めのボールにもヘッドが上がりすぎることもなくなり、どんなコースであっても力強い打球を打てるようになります。

多くの生徒さんたちがレッスンによってこのようなフォームを身につけられたため、ヘッドが上下しなくなってミート力が向上し、打率をグングン上げることに成功しています。

4. ボールをしっかり見極められる選球眼を養う

TeamKazオンライン野球塾

どんなに良いバッティングフォームになったとしても、選球眼が悪ければ意味はありません。

ボール球に手を出してしまったり、ストライクゾーンなのにボールだと思って見逃していては、打率が上がることはありません。

ボール球はしっかりと見逃して四球を増やし、ストライクゾーンだけを振って行くことよって打率と出塁率は上がっていきます。

選球眼を良くするだけではなく、ストライクゾーンを狭める技術も学べる!

TeamKazオンライン野球塾では選球眼を養うためのレッスンだけではなく、ストライクゾーンを狭くして待つためのレッスンも行っています。

ストライクゾーンは広ければ広いほどピッチャーにとって有利になり、狭ければ狭いほどバッターにとって有利になります。

バッティングフォームを改善すると、ストライクゾーンを狭くしてピッチャーを苦しめられるのをご存知ですか?

ストライクゾーンが狭くなればピッチャーは投げられる場所が減り、ボールカウントが増えやすくなり、四球を得やすくなります。

さらにストライクゾーンを狭くして待てれば、四球を嫌がってピッチャーのボールが真ん中付近に集まりやすくなり、簡単に痛打できる甘いボールをバッター側のスキルによって増やせるようになります。

そして甘いボールが増えればそれだけヒットも打ちやすくなり、打率を上げていくことも容易になっていきます。

TeamKazオンライン野球塾ではこれらのことを具体的に、理論的に、かつ分かりやすく生徒さんたちにレッスンしています。

70%の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

TeamKazオンライン野球塾のレッスンメニュー

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾​